2013年06月18日

特養施設、老人ホームでの導入コストの安い徘徊防止システム。

老人ホームでの低コストな無線徘徊防止システム。
玄関や通用口などで人が出入りすることのない時間帯に人感センサーが反応すると
数十m離れた場所でピンポンチャイム音を鳴らして知らせます。
施設の外に勝手に外出されたりすることを防止します。

センサーは1システムで複数箇所設置可能。
センサー毎に音色を変えることもできます。
※どこのセンサーの反応かわかりやすくなります。

通路や廊下などに無線中継機を入れて、
警報ブザーを鳴らす場所までの距離を伸ばすこともできます。



無線式徘徊防止システム

赤外線センサーが作動すると
センサーから発信された無線信号を受けた受信機本体がピンポン音など複数の音でお報せます。

posted by anzentaisakucom at 16:36| 無線式徘徊防止システム